VOL―03

美容業界の第一線で活躍され、高い技術と審美眼で国内外問わず多くのお客様から指示されている堀内様にお話をお伺いしました

kokiku愛用者の声

―kokikuを知ったきっかけを教えてください

社長とは同郷で家族ぐるみのお付き合いをしています。素材にこだわりをもって誠実なもの作りをしているkokikuと友人思いの社長本人のイメージは「信頼できる」という点でも一緒です。

―kokikuの羽毛布団の使用感はいかがですか?

デュエットタイプの羽毛布団を使っていますが、これまで使用していたものと比べると暖かくて軽いです。夏はわりと涼しいので長いシーズン使用しています。

―睡眠スタイルなど日常心掛けていることはありますか?

必ず湯船につかってから眠るようにしています。布団に入る時間は決まっていませんが、睡眠時間をあまりとれない分、睡眠の質にこだわっています。

寝具へのこだわりは肌触りが良い事が一番です。重いと寝苦しくなってしまうので、寝まきは触り心地に加えて軽さも意識しています。また、夏は麻素材のカバーリングを使っています。デザインはシンプルなものが好きです。

kokiku愛用者の声

―お客様と接するうえで堀内さんが大切にしていることは何ですか?

その方のライフスタイルを引き出し、例えばよく行くレストランや選ばれる雑誌、好きなファッションなどからもイメージしてスタイリングに活かしています。

22年位の長いお付き合いのお客様もいらっしゃいますが、質が高く触り心地が良く、シンプルなものを求めていらっしゃる方には自分が良いと思うkokikuの製品をご紹介することもあります。

―kokikuに期待することは何ですか?

例えば羽毛自体に色をつけて透明のカバーで覆って、カラフルでファッション性がある布団を作るなど、ファッションと融合した商品の企画があると部屋のワンポイントになると思います。

また、飛行機の機内で使用するブランケットなどの商品企画もあると良いですね。こういうものがあると良いというアイディアを個人的に色々と持っています(笑)

kokiku愛用者の声

堀内 邦雄様GINZA PEEK-A-BOO中央通り店勤務

1992年PEEKABOO入社。アートディレクター兼店長として、サロンワークの傍ら国内外のカットセミナーや専門誌の撮影などで活躍中。カットの技術はもちろんサロンワークでのお客様からの支持も高く、日々美容に対する情熱をもって仕事をしている。

この記事をシェアする

[ 2019.10.12 ]