「日本製」の羽毛を目指します

もともと日本は羽毛の産地ではないため、日本産の羽毛はほとんど存在しません。しかし、kokikuは海外から届いた羽毛原料をそのまま使うのではなく、自社で精製することによって引き出す一段上の品質の羽毛、「日本製」ならではの羽毛を目指します。

世界中から選りすぐった羽毛は、ISO9001認証の山梨の工場へと直接届けられます。現地で見てきた羽毛と相違ないか厳しく検査した後、富士山系の豊富な天然水を引いた自社工場で洗浄や高温スチーム乾燥など、羽毛を丁寧に磨き上げます。臭いのもととなる油脂や汚れを徹底的に取り除くとともに、本来のボリュームを最大限に引き出します。

公的機関に認められた品質です

kokikuの母体である富士新幸株式会社は日本羽毛製品協同組合の会員であるとともに、世界的な団体であるDownpass e.Vに所属しています。また、長年にわたりハンガリーから直接羽毛を買い付けている功績が認められ、駐日ハンガリー大使より推薦状をいただいています。
責任ある立場として、お客さまに確かな品をお届けすることが使命だと考えております。

羽毛選びのポリシー

kokikuでは、いつでもお客様に最高品質の羽毛をお届けすることを心がけています。

ポーランドやハンガリー、フランスなど、有名な産地だからというだけで選んでいるのではありません。もちろん産地も羽毛選びに大切な要素ですが、これだけ気候や情勢が変動し、流通が世界中で多様化した現代において、羽毛を取り巻く環境も刻々と変わりつつあります。たとえばワインや果物もその年の天候や土地の状態で味が変わるように、食文化の副産物である羽毛もその産地の環境や状況によって品質が変わってきます。

産地だけに頼らず、自社内に備えた検査設備と長年の経験で培った審美眼を通して厳選しています。