それぞれの素材や製品に適したお手入れで、長く快適にお使いください

羽毛製品のお手入れ

羽毛製品のお手入れ

羽毛布団やダウンピロー、ダウンパッド、ダウンクッションなどのお手入れ方法をご紹介します。

ご使用上の注意
羽毛製品に直接針を通したり、ピンでとめたりすると、針あとの小さな穴から中の羽毛が出てきてしまいます。絶対に針を通さないよう気をつけてください。また、汚れ防止のために、必ずカバーをかけてお使いください。
干し方:乾燥した状態を保つことが大切です
羽毛は吸湿、発散性に優れているため頻繁に干す必要はありませんが、羽毛布団やクッションは月に1~2回、ピローやダウンパッドは月に2~3回、日干し又は風通しの良い日陰で1時間ほど干してお使いください。(シルク地の布団は、直射日光に弱いので日陰に干してください)がわ生地の日焼けや汚れを防ぐため、綿のカバーを掛けたまま、または大きな布などで覆って干してください。布団乾燥機もご使用いただけます。尚、羽毛の傷みの原因となりますので、干した後たたかないでください。
お掃除
キルティングのくぼみ、縫い目などにホコリなどが溜まることがあります。ブラシ、または掃除機で丁寧に取り除きましょう。
収納方法
長期間保管する際は、羽毛製品を日干しや陰干し、もしくは布団乾燥機などを使ってよく乾燥させてから通気性の良い綿などの袋や、カバー、シーツなのどの大きな布で包んで保管してください。通気性のないビニール袋などには入れないでください。特に圧縮袋の使用は羽毛が痛む原因になりますのでお避けください。防虫剤をご使用になる場合は、ピレスロイド系(無臭タイプのもの)をお使いください。
ニオイが気になったら
長期間保管によりニオイが気になった場合は以下の方法を1~2日間ほどお試しください。
  • 布団の場合、縦3つ、横4つ程度にたたみ空気を押し出します。
  • 3~4回空気抜きを繰り返した後、天日または風通しの良い日陰で表と裏をそれぞれ1時間程度干してください。
洗濯・クリーニング
家庭でのお洗濯はお避けください。がわ生地の破れ、不完全な乾燥がニオイやヘタリの原因になる場合があります。普段からカバーをかけて汚れを防ぐようにお使いください。万一汚れてしまった場合は、小さな部分であれば濡らした布で拭き取るか、つまみ洗いをしてください。濡れたままにせずドライヤーで早めに十分乾かしてください。大きく汚れてしまった場合は、信頼できるクリーニング店にお問い合わせください。
とくに羽毛布団は、長くご使用いただくうちに、がわ生地が汚れたり、羽毛が傷ついたりして保温性・弾力性が低下することがあります。定期的なメンテナンスで、羽毛は本来の機能を取り戻し、新品と変わらない品質によみがえります。使いはじめてから7年を目安に状態をチェックして、下記のような症状があった場合は「羽毛布団リフレッシュ」をお考えください。
  • 羽毛布団のボリュームがなくなった
  • あたたかく感じなくなった
  • 布団の中で羽毛がかたよっている
  • ペットのトラブルなどで汚れてしまった
  • 生地に穴を開けてしまった、縫い目などから羽毛が出てくる
  • サイズを変更したい…など

シルクのお手入れ

シルクのお手入れ

洗濯
まずは家庭で洗濯できるかを、品質表示でご確認ください。手洗い可能な製品は以下の点にご注意いただきながら洗濯してください。
  1. カバー類を裏返しにしてください(毛羽立ちを防ぎます)
  2. シルク対応の中性洗剤をご準備ください。漂白剤や柔軟剤は傷みの原因になりますのでお避けください。
  3. 洗濯機は使用せず、水か30℃以下のぬるま湯で、手で押洗いをしてください。その際、擦らないようご注意ください。
  4. すすぎは、水か30℃以下のぬるま湯を2~3回交換しながら押洗い同様にすすいでください。
  5. 脱水は手で軽く水を絞る程度をおすすめします。洗濯機の脱水をご使用の場合は、弱で極短い時間に設定してください。
家庭で洗濯できない製品は、クリーニング店をご利用ください。
乾燥・アイロンがけ
  • タンブル乾燥はお避けください。
  • シルクは直射日光に当てると劣化します。形を整え、裏返しの状態で陰干ししてください。
  • アイロンをかける際は、あて布をして低温(150℃以下)で裏側からかけてください。
  • ファスナーなどの堅い部分はテカリ、色褪せの原因となりますので、アイロンがあたらないようご注意ください。
収納方法
防虫剤をいれて風通しがよく日の当らない場所に保管してください。その際、防虫剤が直接生地にあたらないようご注意ください。

リネン(麻)のお手入れ

リネン(麻)のお手入れ

ご使用になる前に
新しいリネンは細かい繊維が残っている場合があるので、水かぬるま湯に2~3時間浸した後洗ってからご使用ください。また、繊維の特性上、最初の洗濯で4~6%縮むと言われます。予め水洗いを施した製品もありますが、コンフォーターケースやシーツ、ピローケースなどは、洗濯による縮みを考慮したサイズでお届けしています。
洗濯
  • 洗剤は中性か、弱アルカリ性をご利用下さい。漂白剤は生地を傷めますのでご使用にならないで下さい。
  • ネットに入れてお洗濯することをお勧めします。
  • よくすすいで洗剤を落として下さい。洗剤が残っていると酸化によりシミができる場合があります。
  • 色物は色落ちの可能性がある為、他のものとは別にして洗って下さい。
乾燥・アイロンがけ
  • タンブル乾燥はお避けください。生地の傷み、縮みの原因となります。
  • 強く脱水すると硬いシワの原因となります。
  • 色あせの原因になるため、直射日光を避けて干してください。
  • 乾かす際に、脱水しきらない状態でできるだけシワを伸ばしてから干すと、生地の重みで自然にシワが伸びます。また、乾ききらないうちに中~高の温度設定でアイロンをおかけいただくと、よりパリっと仕上がります。縮みが気になる場合は、少し引っ張りながらアイロンをかけてください。
  • ワッフルや縮加工のしてあるスローやクッションカバーはアイロンなしでお使いください。
シミのお手入れ
汚れやシミがついた場合は放置せず、すぐに洗剤を溶かしたぬるま湯で洗ってください。一旦乾いてしまうと汚れが落ちにくくなるのでご注意ください。

コットンのお手入れ

コットンのお手入れ

洗濯・アイロンがけ
コットンは洗濯に強く、洗剤を選ばずアイロンがけも高温で仕上げられます。特にkokikuの「ホテル仕様」シリーズは業務用洗濯に対応できる耐久性を備えているのでタンブル乾燥もご使用いいただけます。 取扱いに気を遣わなくて良い素材です。